2013年12月31日

ゆく年2013

おだやかな大晦日だなー。正月寒波がこのあと入ってくるらしいが今のところ良い年越しになっています。本格的な雪の日々はもちろんこれからですが、3日降っても1日降らない、というサイクルで進んでいってくれるとありがたいんですがねー。

2013年もいろいろありました。振り返ってみると8月ごろまではけっこう良い感じでしたが、そのあとは細かいところでトラブルがチョコチョコ発生したりしてちょっと盛り下がったような気がする。1月の弘前大学混声合唱団の50回記念定期演奏会の熱さからはじまり、3月は難所をくぐりぬけてたどり着いた青森ベートーヴェンスコラーズの「メサイア」は個人的に感慨深いものがあった。7月には「JAMCA信州」で弘前メンネルコールの面々と訪れた長野県岡谷市はほんとうに楽しかった。8月の全日本合唱コンクール県大会での弘前大の演奏は春からの練習のプロセスも含め手応えのあるものだったんだが、そのあとなんとなくバタバタした感じになって取り戻すことがうまくできなかった気がするんだよな。うーむ、修行が足りません。来年は精神修養を怠り無く自分を見つめなおして日々生きていかなければ。

そんな中、映画中毒は変らず。今年もけっこう本数観ました。洋画は自分の中では不作の一年だった気がする。心に残るものが少なかった。でも今月駆け込みで観た「キャプテン・フィリップス」と「ゼロ・グラビティ」の2本はとても良かった。ことに「ゼロ・グラビティ」(3D)は絶対に劇場で観なければいけないという意味で画期的な1本です。「レンタルで」とか「テレビ放映を待つ」とかを許さない。これはけっこう凄いんじゃないかと思う。邦画では「風立ちぬ」の抒情性にも打たれましたが、「清洲会議」が今年のマイベストでした。

今年も読書はミステリ三昧。ドイツものをけっこう読みました。「ブラックアウト」と「深海のイール」は地球的な規模のデザスタ小説として、ものすごい長編だったけどおもしろく読めました。マイベストミステリは「解錠師」。ミステリ・サスペンスと青春小説の融合が味わい深かった。

あまロスになりはしなかったけど「あまちゃん」はほんとにおもしろかった。能年玲奈のキャラクタにも惚れましたが、超強力な脇役陣を活かしきった宮藤官九郎の才能に脱帽です。

さっき大瀧詠一の訃報を知り驚愕しました。いわゆる人気アーティストとは一線を画してきた人ですが、その才能は稀有なものだったと思います。誰にも真似できないサウンドだった。残念です。
65歳・・・・・・全く同年代、ちょっとショックでした。

来年2014年は文字通り「老骨に鞭打って」がんばらなきゃな。

みなさま、よいお年を!
posted by りょうじー at 17:12| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、「あまちゃん」でブレイクしたイケメン俳優の福士蒼汰くん、めごいなぁ。しかもい〜い声[バスかな♪バリトンかな]してますよねぇ。
その一方で、彼の派手に崩し過ぎた表情(スカイツリー建設現場での泣きっ面と、アキがユイをに励ますために撮った種市先輩の変顔)が「わさお」に似ていると思うのは、おらだけなんだろうか。
Posted by おにババ@短命県県民 at 2014年01月01日 20:09
おめでとうございます。本年も相変わりませずよろしくお願いいたします。

そのシーンは記憶にないけど、福士蒼汰は我が家では「タネ」で通ってます。
Posted by りょーじー at 2014年01月01日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。