2012年01月29日

チーム青森は今

2月9日から全農日本カーリング選手権が開かれます。会場は青森スポーツ会館。・・・・・・観たいな。

チーム青森は先日行われた東北選手権で順当に優勝、出場が決まっていますが、現日本ナショナルチームの中部電力をはじめ、かつての盟友本橋マリリン率いるロコ・ソラーレも来るし、北海道大会でそのロコ・ソラーレを打破して優勝した、これもかつてチーム青森の中心だった小笠原( 旧姓小野寺)歩と船山(旧姓林)弓枝が所属する北海道銀行が参戦してくる。絶対面白そうじゃござんせんかね、カーリング女子は。

先週は軽井沢国際カーリング大会というのがあって、中国・カナダ・スイス・韓国などの強豪を迎え日本チーム(中部電力)や日本選抜という名前でチーム青森も戦っていたらしい。惜しいところで決勝トーナメントには進めなかったようだが善戦しているようだ。TVニュースで全然とりあげてくれないからネットで確認するしかないというはどうなんだ?地元紙のスポーツ欄にもひとことも載ってない。けしからんじゃないかっ!(怒)われら青森市民はチーム青森を熱く応援したいのにメディアの扱いはあまりに冷たいよ。全国の話題にあまりなっていないのなら、なおさら地元メディアは大きく取り上げなくてはいかんのじゃないですか。日本選手権は取材に手を抜かず強く発信してもらいたい!
チーム青森が“Team JAPAN”の名を奪還する日がくるのを心から待っています。
posted by りょうじー at 22:58| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

弘前大定演終了

先週土曜(21日)のことになりますが、弘前大学混声合唱団第49回定期演奏会を打ち上げました。2011年度のステージはこれにて千秋楽となりました。
3月の震災の影響で全てがひと月押してしまった2011年、1年トータルでの1ヶ月空白はデカいなー、と改めて思いましたねー。いろいろ手を打ったつもりだったけど、土壇場でなにもかもギューギュー詰めになりました。私自身のステージ(今年度のコンクール課題曲とパターソンのミサ)は昨年から2年がかりでけっこうな時間を費やしたものが多かったのでなんとかなったと思いますが、ふたりの学生指揮者の曲は時間が足りなくて苦しかったと思います。もっともっと練り上げたかっただろうなー、と思うとちょっとかわいそうだった。
しかし、本番はメンバー全員がお互いに支えあい補い合う空気が例年よりも濃密になった気がします。今ここで歌わずにはいられない、という気持ちのあふれ出た良い演奏会になりました。それが聴衆にも伝わっていきアンコールの団歌のときには会場内は熱いもので満たされていたのはうれしかった。来年の50回記念定演に向けて最高のキックオフとなりました。

打ち上げも卒団年度の異なるOBたちが大勢参加してくれて大盛り上がり。現役たちにも良い刺激になったと思います。来年はもっとがんばる!という決意を確かめ合っている様子が見て取れて、これもうれしいことでした。あっという間に0時を過ぎて御ひらき。
実は翌日午後にはひとつ練習が入っていたので、2次会へと繰り出すみんなと別れを惜しみつつホテルへ戻ったが、やっぱり興奮がなかなか覚めやらず寝つくのが遅くなってしまいました。

ひろこん定演49th.jpg
posted by りょうじー at 21:09| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本番流汗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

豪雪の空き間

2012年1月19日雪の合間.jpg


やっと雪が降り止んだ。連日の雪片付けも一休み。右腕のひじのあたりが痛んできていたところなので有難い。
ここ数日は好天が続くらしい。気温が上がるわけではないからそうそう解けもしないだろうが、屋根に乗っかっている大量の雪が少しでも減ってくれれば気が楽になる。
だが、まだやっと1月半ばを過ぎたところ、冬はまだまだ本番真っ最中。来週は再び寒気団が南下する予報が出ている。あたりまえにまた雪も降ってくるだろう。
しかし、願わくばこの好天が今冬最初の三寒四温であるように。
posted by りょうじー at 23:20| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

弘メン2012初練習

弘前メンネルコールの練習で弘前へ。大雪なので危ないな、とは思っていたけど、案の定奥羽線は弘前の手前で立ち往生している列車があって不通だった。車で行くことも頭をよぎったけど時折視界が真っ白になるくらいに吹雪いている。どうしたものかと思い悩むうち構内放送で弘前への代行バスを用意しているというアナウンスが。「よし!」と思って待っていたがなかなかバスがきたという案内がない。15時から練習開始だったがようやく出発できたのが14時近く。結局40分ぐらい遅れてしまった。申し訳なし。
多田武彦の「雪と花火」から「片恋」と「花火」を練習。良い曲だなー。

そして練習後は新年会。
会場は練習場近くの“ Cherry's Bar ”。煉瓦造りの倉庫を改造したお洒落なところです。弘前メンネルには若干合わんような気もするが・・・・・・。
鮭のカルパッチョ・チーズフォンデュ・タンシチューなど、出てきた料理はいずれも美味かったです。

cerry-bar-1.jpg


cherry-bar-2.jpg
posted by りょうじー at 23:05| 青森 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 練習雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

古い奴だとお思いでしょうが

ツイッターとフェースブックに登録してみました。いやー、世の中進歩しているんですねー。
・・・・・が、どうも向きじゃない気がしています。まだ使い方がほとんど分かっていないこともあるのかも知れないけど、ブログをボチボチ書くのが性に合っているみたい。めったにつぶやかないし、ほとんどメッセージや写真をアップしないと思います。・・・・・ご、ごめんなさい!
でもちゃんと拝見させていただいて情報を逃さないようにしたいと思っています。そこんとこよろしく!
posted by りょうじー at 22:40| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

友田恭子ピアノリサイタル

昨晩、2012年最初のコンサート拝聴は青森市在住のピアニスト友田恭子氏のピアノリサイタル。友田先生とはある結婚式で同席したのがきっかけで懇意にさせていただいていますが、彼女自身のソロリサイタルはもちろん、お姉さまの笠原純子氏とのデュオリサイタルでも中央で高い評価を得ています。
バッハのフランス組曲を皮切りにハイドン2曲とモーツァルト3曲という構成、聴衆におもねることのない《本格》を感じさせるプログラムです。
聴衆に見せるための派手なアクションはありません。どちらかというとストイックな印象の演奏スタイルですが、出てくる音の力は強い。よどみのない流れの美しさと混在する、音楽が本来的に持っている強い力、作曲家の強い意志を余すところ無くくみ取り表現していくためには、演奏家も確固とした強い信念を持たなければならないことを改めて教わりました。
友田先生は和音が美しい。ピアノはその鍵盤を間違いなく叩けばその和音が出るというものじゃないでしょう。そこにはそこしかない微妙な指の力配分がなければいけないし、もっというならハンマーが弦を叩くタイミングの絶妙なタイミングまでコントロールしなければならない。そしてそれを演奏中一箇所もゆるがせにしないというのは大変なことだと思います。素晴らしかった!

年の始めから「一流」を聴くことができました。ギリ松の内だったこともあるでしょうが、聴衆の数が意外に少なかったのが惜しまれます。旅費なしで「一流」が聴くことができるのはラッキーだと思うんだけどなー。
ちなみに同じプログラムで東京公演があります。
1月17日、東京文化会館小ホール。お薦めのリサイタルです。
posted by りょうじー at 22:08| 青森 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏拝聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

弘大混声第49回定演

弘前大学混声合唱団第49回定期演奏会

  2012年1月21日(土) 午後6時開演(開場午後5時30分)

  弘前文化センターホール  シングル 400円  ペア 700円

  W.A.モーツァルト 「レクイエム ニ短調」(抜粋)
  指揮:松永翔一郎(学生)

  相澤直人 「ぜんぶここに」より
  指揮:木村恵理(学生)

  お楽しみ?ステージ (男声合唱・女声合唱 など)

  P.パターソン 「ミサ・ブレヴィス OP.54」
  指揮:恥ずかしながら私
posted by りょうじー at 22:31| 青森 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

年頭2012

静かに過ぎた年越しでした。数日前まで降りに降った雪もおさまり、穏やかな2012年の幕開けです。この静かなスタートを大事にしたいと思います。
震災で失われた多くの命、今も仮設住宅等で不自由な暮らしを余儀なくされているたくさんの方のことを思うとき、例年のように「おめでとう」という気持ちにはなれません。「今年こそ明るい年にしよう!」というのは易い。でも昨年のことを清算して心機一転のスタートを切ることは私にはできない。いま背負っているものはそのまま背負いながらやっていきたいと思います。
もちろん後ろ向きの方向を見ているわけではありません。与えられた環境・機会はどれも力を尽くすつもりです。それはこれまで以上にやらなければ許されないことであるとも考えます。音楽をやらせていただいている、それも人間の集団でつくる音楽に係わっていることに感謝したいと思います。それがなかったらほとんど何もない自分なのだから。

今日も鳥島付近を震源とするM7.0の地震がありました。2011・3・11からまだ1年という時間も過ぎていないことは忘れてはいけない。
自分を見失わずに、時間を大切にしていきたいと思います。
posted by りょうじー at 23:04| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。