2008年03月31日

さらに人生は続く

十代のころ、自分は不治の病に罹って三十代で惜しまれつつこの世を去るつもりでいました。なんか、かっこいいような気がして。

ところがどっこい、今日で満59歳になっちまったよ!不治の病に罹っているといえなくもないが、いちおう健康体です。
こうなったら簡単に死なないよ。えぇ、えぇ、死にませんとも。
さぁ、かかってこい!矢でも鉄砲でも持ってこい!!

あ、なんかちょっと腹痛っ・・・・・・・・・
posted by りょうじー at 10:56| 青森 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

ありがとう!チーム青森!!

惜しくもメダルは逃した。だが、それはいささかも問題ではない。
準決勝のカナダ戦、日本では放送されなかったのでその戦いをこの目で観ることはできなかったが、延長11エンドまでもつれ込んだ点数表だけを見ても、「死闘」ともいえる激戦であったにちがいない。その約3時間後のスイスとの3位決定戦は、おそらく彼女らの限界を超えていたことは間違いないと思う。「敢闘する」ことのすばらしさと尊さを改めて教えてくれたチーム青森に、敬服すると共に、心から感謝したいと思う。感動しました。
それにしてもマスコミは冷たいではないか。プロ野球・Jリーグは開幕して間もない、春の甲子園も熱闘のまっただなか、メジャーでの日本選手の動向も確かに気になるだろう。だけど、世界選手権だぞ、カーリングは。しかも、混戦の予選リーグを突破して決勝ラウンドまで進んだんだぜ。凄いことじゃないか?スポーツニュースをやるんだったら、トップにしなさいっ!
ああっ、つい興奮してしまった。
でも、カーリングというスポーツの高い精神性や独特の緊迫感は、白鳳・朝青龍戦なんかよりずっとおもしろい、と私は思うよ。もっとたくさんの日本人に知られるべきだと思います。そして物心両面でさらに応援してあげないとね。バンクーバーオリンピックへの切符をほぼ手中にした、といっても良いのだから。

チーム青森、胸をはって日本へ、そして青森へ帰ってきてください。みなさんの戦いぶりを知るもので賞賛の拍手を惜しむ人は誰もいないでしょう。
青森県人として「チーム青森」の名前をとても誇らしく思います。
posted by りょうじー at 22:38| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

カ、カ、カ、カーリング

きたっ!きましたねー、チーム青森。
タイブレーク撃破!さらにプレーオフでスイスを撃沈!
カーリング日本初のメダルまであと1勝。

Asian Miracle Continues at Worlds

女子世界選手権公式ホームページにあった見出しです。素敵だ!
準決勝のカナダ戦が明日の早朝3時半だが、ライブの放送がない。
おいっ、NHK、放送しろ!放送してくれたら、3時半に起床して観るぞ、絶対。

ともあれ、がんばれぇぇぇ、チーム青森ぃ〜〜〜〜〜〜〜
posted by りょうじー at 20:59| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

チーム青森、凄い!

やたっ!!!
カーリング女子世界選手権、チーム青森が崖っぷちから3連勝して4位。デンマークとのタイブレークに勝利すれば上位4チームによる決勝ラウンドへ進めるというところまできた。これを快挙といわずしてなんというか!あっぱれ、チーム青森。
見ましたよ、今日の中国戦。勝負を決めたスキップ目黒のラストショットは、見ているこっちもすごく力が入ってしまった。まさに息詰まる戦いとはこのこと。震えたよ、ほんとに。
もうここまできたら世界一までいっちゃおうよ。可能性は小さくないと思う。
がんばれー、チーム青森ぃーーーー。
posted by りょうじー at 22:21| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

固いパン

パン好きな私です。それもいわゆるフランスパンのような固いやつが好物です。
こないだ青森のS野デパートがリニューアルしてデパ地下が変わったらしい、と小耳にはさんだので行ってみた。ちょっとこぎれいになって明るい感じになったかな。そんなに変わっちゃいないけど・・・と、ふとインストアベーカリーを覗いたら、これまで置いてなかったヨーロッパタイプの固いパンが新商品として何種類も出ていた。試食もあったので、しこたま食った。うーん、やっぱり美味いですなー。
甘甘のスイーツみたいなパンはいけませんよ。そりゃパンじゃないでしょっ!外っかわはバリンバリンで中はフックラモチモチ、かじったとたんに小麦の香ばしいにおいが口から鼻にぬける・・・さらにかみしめると、かすかな甘みがジワーリ・・・・そいつがパンてもんです。
コンビニだったかスーパーだかで「ソフトなフランスパン」といううたい文句を目撃したことがある。
コ、コラー、なんだそりゃ〜〜・・・訳の分かんない売り方をするなー。

ともあれ、固いパンを買えるところが増えたことはめでたいです。
posted by りょうじー at 23:26| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味特記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

始動してます

弘前大学混声合唱団の練習でした。
新入団員が入る前の端境期ですが、今年のコンクールに向けてすでにスタートしています。
課題曲はG1のByrdのモテットに決めました。今回は迷わなかった。
G1を選択した理由はいろいろあるけど、第一に、私自身がこの時代の曲ではイギリスものが好みだということ、なんか肌にしっくりくるような気がする。二つ目は、今の大学の音色でポリフォニーをやったらどういうふうになるだろう、という気持ちが俄然わいてきちゃったから。私が大学を指揮させていただくようになってから、まだ一度もG1に挑戦したことがない。ロマン派、現代邦人曲もいいけど、そろそろこれをやるということがかえって攻めの音楽につながるんじゃないか、と思っています。
はたして旋律を受け渡し、受け取る楽しさを身につけることができるかどうか。寄せては返す波のようなこの時代の音楽の美しさを出せるかどうか。やってみる価値はあると思っている今日この頃。

(今のところまだ全然だけど・・・・・)
posted by りょうじー at 21:59| 青森 | Comment(2) | TrackBack(0) | 練習雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

バンテージ・ポイント

スペインの町サラマンカ、テロ撲滅のサミット開催を成功させたアメリカ大統領(ウィリアム・ハート)は、広場をうずめる群集に向かって成功を祝う演説をすることになっていた。厳戒態勢の広場で大統領の車からともに降り立ったのは、ベテランシークレットサービスのバーンズ(デニス・クエイド)、同僚とともに油断なく周囲に目を配っていた。
歴史的な演説を全世界に送るためのテレビ中継車のなかでは、責任者のレックス(シガーニー・ウィーバー)がレポーターやカメラマンに次々と指示を出していたが、大統領が演壇に立った瞬間、モニターに信じられない光景を見る。大統領が狙撃され、さらに爆発が起きるという、あってはならない惨状がそこに映し出されたのだ。
バーンズは大混乱の広場で全てを撮影していたと見られるアメリカ人旅行者(フォレスト・ウィッテカー)を発見し、そのビデオカメラの録画を見て思わず息を飲む・・・・・・・


ひとつの大事件を目撃する8人。異なる八つの視点。映画はあたかもビデオを巻き戻すように、それぞれの視点から見た同時におこっていたできごとを、順に映し出す。そして視点が変わるごとに少しずつ真実が見えてきて、ジグソウパズルの断片がピタリピタリとはまっていくたびに、思いもかけない驚愕の真相が姿をあらわす・・・・・
いやー、面白かった!私の大好きなタイプの映画です。
こういうのはやっぱり映画ならでは。小説などではなかなか味わえない種類の楽しみだと思うよ。
アクションシーンは、いまどき目新しいものじゃかったな。けっこう常套的なところが多かった。もうちょっと新しいアイデアがあれば、さらに面白さが倍加したと思うんだけど。
演技の確かな俳優さんがズラリと揃って壮観、この映画をとても力あるものにしていました。

★★★★☆ 「アメリカこそ正義」映画という部分でやっぱり減点
posted by りょうじー at 23:07| 青森 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 完全個人的映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

本日、三題

《1題目》
プッチーニ:栄光のミサ曲(グロリア・ミサ)のオーケストラ・合唱の合同練習2回目でした。
オケ側の出席率がちょっと悪かったのでもうひとつ踏み込んだ練習ができませんでしたが、年度末でもあり皆さんお忙しいなかでの日曜日、これも想定内です。少しずつでも積み重ねて、ゲネプロ・本番で実が結べばいいのです。
今日はトロンボーン三本とチューバの方たちにおいでいただいたのが収穫。さすがに凄い迫力になりますなー。壮大なミサになりそうです。

《2題目》
福島市で行われていた声楽アンサンブルコンテスト全国大会が終了したようです。福島県合唱連盟のホームページに結果が掲載されていますが、青森県勢では、高校の部はあまりふるわなかったものの、中学校同声の部に出場した代表2校は銅賞の上部に食い込み、一般の部の代表も15位以内に入り銅賞受賞と健闘されたみたいですね。おめでとうございます!ご苦労様でした。
2008年度もみんなで協力しあって、青森県合唱界の存在感をさらに全国に示しましょう!

《カーリング》
カーリングの高校選手権がここ青森で開催されていて、県代表チーム男子が優勝、女子は準優勝!これは快挙といってよいと思います。すごくがんばったと思うよ。この達成感・充実感を後輩たちにぜひ伝えていってもらいたいねー。
さらにBS1では世界選手権の中継があり、チーム青森が初戦でイタリアを接戦の末破って1勝目。緊迫したゲームを見ていましたが、いやー興奮したなー。あっぱれ!チーム青森。この調子で上位を目指せ!!
posted by りょうじー at 22:46| 青森 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

同調会コンサート

国立音楽大学青森県同調会主催のコンサートをうかがってきました。
ピアノソロがお二方にピアノ連弾とソプラノ独唱、ショパンあり、ドヴォルザークあり、ガーシュイン、ドビュッシーまで色とりどり聴かせていただきました。
たぶんホールの響きの問題もあるとは思うけど、ピアノも声楽も少し生っぽく聴こえた気がする。ちゃんと煮えたものをいただきたかったのに、火が十分に通っていないまま供されたような・・・・。
改めてピアノという楽器の難しさも感じました。それぞれのピアニストはちゃんと弾きこなしてはいるんだけど、時折分散和音の羅列になってしまってそこから浮かび上がってくるはずのメロディーラインが十分に聴き取れなかった。聴衆を包み込む音楽的なふくらみがもっと欲しかったな。

そして、またも出ました、携帯着メロ。
今日のプログラムのラストは地元の作曲家田中利光のピアノ曲「童愁」第2集<米町7番地>より「蔵の中」。流れる血の同一性をいつも感じさせる音楽で好きなのだが、曲が終わったその瞬間「ピロピロピロリ〜〜ン!」
あーあ、なにかもぶち壊し。
年配の男性でしたが、それだけにいっそう腹が立ちます。うっかりしていたのかも知れないけど、それははじめからちゃんと聴く気が無かったってことじゃないの?みんなでその人を非難の目で突き刺したんだけど、意に介するふうもない。
どうしたらいいんだろ、ああいう人。
posted by りょうじー at 20:28| 青森 | Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏拝聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

教員異動

県内教員の異動が夕刊に載っていました。

今年は、合唱コンクールなどでよくお会いする、小学校・中学校の音楽の先生の異動が目につきました。うーん、いろいろあるんでしょうなー。

「腕のいい」先生が何年かかけて合唱団を育て上げても、異動になっちゃうとゼロに戻ってしまう。新しい赴任先で、またゼロからはじめなければならない。辛いものがありますねー。
でも、そういう先生はノウハウをバッチリ自分のものにしている方なわけで、行く先々で合唱大好きなこどもたちを次々と育ててくれるから、これから先を考えるとそんなに悪いことじゃないのかも知れないな。むしろ高校から大学・一般の指導者がしっかりしないといけないということ。その末席に私もいるので責任は重大です。(汗)

だけどねー、コンクールなんかの成績はなかなか上がらないという現実はあるのよね、この県は。
posted by りょうじー at 22:34| 青森 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

栄光のミサ曲本番まで残り44日

本番までの日にちがガックリ減っていきます。まだやり残していることがいっぱいあるのに、と思うと少し焦り気味な今日この頃、練習もちょっとトゲトゲした感じにどうしてもなっちゃうな。
修行が足らない私です。

楽譜を離れて歌っている人もだいぶ増えてきたけど、感覚的に覚えている部分が多いので少し正確さに欠ける。他声部との絡み、オーケストラとの連携を分かって歌うためには、自分が歌えるという程度の記憶では不十分なんだなー。ことに、リズムやタイムのとり方はまず正確に。声楽はそのあたりが割りかた自由なので、それは音楽作りをしていくうえで大きな利点ではあるけれど、いい加減な方向にもなりがち。オーケストラの皆さんと一緒にやるときは殊更厳格にやらざるを得ない。自戒も含めてですが、そのへんきちんとしたいですね。

さぁ、23日は2回目の合同練習。楽しい時間にしたいと同時に、ちゃんと収穫のある練習でありたいですな。・・・・・・甲高い声にならないように気をつけて。
posted by りょうじー at 23:05| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

N響楽員と一服

昨日の合唱連盟総会は青森市文化会館の会議室で行われたのですが、ホールではNHK交響楽団の青森公演でした。
バッチリ重なってしまったので聴けませんでしたが、ロビーでは顔見知りにずいぶん会いました。満席だったみたいですねー。

県連の総会のあと、一服つけるために会館裏口の喫煙場所へ行くと、コンサートのほうもちょうど休憩時間になったらしく、燕尾服のN響楽員の愛煙家のみなさんが続々楽屋口から出てきた。ホルダー付き使い捨てコーヒーカップを手に持ちながら。カッコイイ!
N響アワーなんかでよく目にする奏者の方たちと並んで一服しました。

・・・・・・・少々ビビった。
posted by りょうじー at 23:34| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

合唱連盟総会

今日は合唱連盟総会の日。
なにしろ午後1時から県連の総会をやったあと、引き続き青森市連の総会が行われるという総会デー。どちらにも関係している方も多いので、なにかと便利な反面、事務方のみなさまはずいぶん忙しい思いをされたのではないかと思います。いやー、お疲れ様でした。

青森県合唱連盟理事に任命されました。今までお世話になりっぱなしだったので、ご恩返しがちょっとでもできたら、と思います。まさに微力なので、たいしたことはできないと思いますが。
これまでも意識して連盟での役割を避けてきたつもりはないんだけど、シチュエーションが合わなかったというか、機会に会わなかったんだな。もしかしてアウトサイダーとして見られていたのかも知れない。これを機にみなさんと今まで以上に親しくさせていただいて、青森県の合唱文化圏に貢献していきたいと思っております。(礼!)
posted by りょうじー at 22:29| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

自己嫌悪

こないだのプッチーニ:グロリアミサ合同練習の録音を聴いて、いろいろとチェックしています。
うるさく言わなくても(むしろ言わないほうが)自然に合っていくだろう、というところもあるが、ここは少し集中的に時間をかけたほうがよさそう、というところもあるなー、やっぱり。

こうして録音を聴いて嫌なこと。ひとつは時々「うーーーっ・・・」とか「ムムム・・・・」みたいな妙な自分の唸り声。時には「×%○#@−−」と全く意味不明な声を発していることがあって独りで赤面してしまう。
もうひとつは夢中になってくると声が変にかん高くなっていること。あまりのかん高さに自分でびっくりしてしまうほどだ。
練習時は意識して常に低めのトーンで話すように心がけよう、今度から。
posted by りょうじー at 20:57| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

ハコモノ・続

どうやら、びわ湖ホールの休館の案は引っ込んだようです。やれやれ。

誤解を恐れずに言うと、私はいわゆるハコモノを作ること自体には反対じゃない。そういうものを作るというなかで、生計をたてている方はおおぜいいらっしゃるわけだし、ハコモノ内で仕事をしてそれを生きがいとしている人だってたくさんいるにちがいないから。
問題なのは、ろくにマーケティングをしないまま、ちゃんとしたビジョンもないままに、ただ建てる側の面子、かっこうつけでつくっちゃうこと。特定財源による無駄な道路や施設、新東京銀行なんかまさにそれなわけで、ここはちゃんとゆがみをなおすべきだと思う。ましてや、そこに利権がはさまってくるなんてのは無論言語道断です。

行政も立法も、いやいや公だけではありません。民間のトップに属する人たちも含めて、文化レベルの向上をもっと真剣に考えるべきときです。
ハコモノを悪者にして排除していく、今はそれで済むかも知れない。財政という面ではやむを得ないことも多いだろう。しかし短絡的に、責任逃れだけで事をすすめては将来に禍根を残すことになると思うよ。
posted by りょうじー at 23:42| 青森 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

ハコモノ行政

今日、友人から「びわ湖ホールを応援する会」の緊急署名運動協力依頼のメールがきました。
この運動の主旨文と、インターネットで確認した情報によると
20年度の滋賀県予算において、議会に提出された財政構造改革プログラムによる乳幼児などの福祉医療費約4億円の削減案が問題となり、その福祉の予算確保のためにその分びわ湖ホールの運営費を削る修正案が出されるらしい。半年間の休館、民間への管理譲渡などの案も浮上している、というもの。
つまり、県の財政を立て直すために緊縮予算が行政から提示されたが、福祉の予算を削っちゃだめよ、と議会側からクレームが出され、その代わりに文化のほうを節約しましょうよ、という話。
うーん、悲しくさびしい話だよなー。福祉関係の予算を削るというのは一番後回しにすべき、というのがもちろん前提だけど。
財政構造改革プログラムの削減優先順位など、詳細は分からないのでなんともいえない部分もあるが、こういう話で決まって出てくるのは、そういう文化施設は結局ペイしてないだろ?ということ。財政難なんだから赤字になっているところは、その役割の重要性よりも、まっさきに整理しなきゃいかんだろう、という議論なんだな。この国全体がそういう方向になりつつあるのはちょっと怖い。状況を精査しないまま、アンチハコモノ行政のアピールのために、赤字の文化施設はなんでもかんでも潰してしまえ、という風潮は実は恐ろしく貧しいこと。それはハコモノを単なるハコモノとしてしか見ていないということだよ。口をそろえて過去に建てたハコモノを非難するけど、そういう人たちも結局はハコモノ行政を延長しているにすぎない。もし景気が良くなったら(当分なりそうもないけど)壊した跡地にまたハコモノ建てるんだろう、どうせ。
文化のパワーを分かっていないんだな。行政はそのパワーを活用してこなかったのですよ。文化施設が悪いんじゃない。その使い方が下手だったのよ。それを棚にあげておいて、処分してしまうことで矛先をかわそうというのはズルいんじゃないか?

今日は青森ベートーヴェン・スコラーズの練習だったので、メンバーのみなさんにも署名協力をお願いしましたが、今後どうなっていくのか注目していきたいと思います。

この9月には「JAMCA滋賀」がびわ湖ホールで開催されることになっていますが、スッキリした環境でのコンサートじゃないとねー。
posted by りょうじー at 23:22| 青森 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

坂角のお煎餅

hankakusenbei.jpg


おみやげで坂角総本舗のおせんべい「八樂」を頂戴しました。
味はもちろん極上、かじったとたんにふわっと広がるそれぞれのせんべいの香りがたまりませんが、えび・ごま・黒豆・紫芋などのなんともいえず上品な色が素敵です。
こういうものって、美味しいのは分かっているんだけど、なかなか自分で買う気になれないもの。たまにいただきもので賞味できるのはほんとうにありがたいことです。
posted by りょうじー at 22:30| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味特記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

栄光のミサ曲本番まで残り56日

プッチーニ:栄光のミサ曲(グロリア・ミサ)の合唱・オーケストラ合同練習1回目でした。
午後の3時間、休憩を2回入れたので正味2時間半ぐらいでしょうか。KyrieとGloriaでいっぱいいっぱいだったですな。
Kyrieはまずまずいけると思うんですが、Gloriaがねー。合唱にもオーケストラにも何ヶ所か隘路があって、そこを通り抜けるのにちょっと苦労する。でも、今回ご参集いただいたオーケストラの皆さまは、アマチュアとはいいながら、経験豊富ななかなかのつわもの揃い。1回目に多少つまづきがあっても、同じ箇所を返すと2回目はカン良く合わせてくださいます。ありがたいことです。
合唱のほうは、1回目の合わせということもあって、少し固さがめだったかな?合唱はなぜか最初は守備に回っちゃう感じがするなー。少し保守的な方向になる。おまけに今回は、ミサ曲といいながらオペラチックで華麗な音楽。オーケストラの皆さんがグッと合わさったときにはけっこう大音量になるので、それに負けない声が必要です。慣れてくるにしたがって、合唱も少し攻撃的な姿勢になってくるでしょうし、押し引きの要領を考える余裕が出てくればもうちょっと違うとは思いますが・・・・
現段階でバランスを云々するのはまだ早いけど、人の声が本来持っている迫力をどうしたらケレンミなく出せるかが、これからの課題といえるかもしれません。
素直に音楽を見て、へたに小細工をしないで、オーケストラの音をうまく利用しながら歌えるようになればいいんだけどな。

自分の指揮の拙いところもけっこう発見してしまった。うまく振れないと余計焦ってしまう。そういう場所って、事前にすごく考えて臨んでいるつもりなんだけど、結局1回目はうまく出来ないことが多いんだよねー。
次はちゃんとできるように練習していくことを誓います!
posted by りょうじー at 21:24| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

ライラの冒険 黄金の羅針盤

物語の舞台は我々の住む世界に良く似ているが、多くの点で異なるもうひとつの世界。その異世界のオックスフォード、ジョーダン学寮の生徒ライラ・ベラクア(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は勝気なお転婆娘。ふとしたことから叔父のアスリエル卿(ダニエル・クレイグ)の発見したこの世界の秘密の一部を知る。しかしそれは、この世界を牛耳る“教権”一派にとってはどうやら都合の悪いことらしい。
おりしも周囲のこどもたちがひそかに拉致されているという噂が流れ、彼女の親友ロジャーも誘拐されるという事件が起きる。
学寮長から真実を知ることができる「黄金の羅針盤」を託されたライラは、この世界の実力者、コールター夫人(ニコル・キッドマン)にともなわれ、こどもたちを救い、陰謀を暴くために北極への旅を決意するのだが・・・・・・


はじまりはゴシック風の古い学生寮、主人公は寮生の女の子、え?これってハリー・ポッターの女子版なの?というような感じがするけど、実は全然違います。壮大な世界観を持ったファンタジー巨編です。
あの「ロード・オブ・ザ・リング」を手がけたニューライン・シネマが製作しているだけに、いろいろなシーンは「ロード・オブ・・・」を彷彿とさせるが、むしろ「スター・ウォーズ」に近い輪郭を持っていると思ったな。だから「世界観」というよりも「宇宙観」というほうが近い物語。しかも見かけが私たちの住んでいる世界と同じなのに、その「宇宙観」に即した数々の魅力的な違い。例えば、そこに住む人間ひとりひとりに「守護精霊」の動物がいて、しかもそれは目に見える、つまり存在しているのね。いわば自分の魂にあたる部分が切っても切れない存在として肉体の外にあり行動を共にする、なんていうのはすごく素敵じゃありませんか。

長大な原作を2時間の映画に凝縮するのは並大抵じゃありません。はしょり過ぎ!の批判もあるようだけど、やむをえないのじゃないかな。私は「よくやった!」と拍手したいと思うよ。(無理やり納得させられてしまう部分がけっこうあるのは確かだがね・・・)
予告編なんかでライラが白熊の背中に乗って疾駆するシーンなんかがあるから、お子様ファンタジーみたいに思ってしまうけど、実際は大人向けの話なんだな。難しい言葉もたくさん出てくるし、話自体も相当入り組んでいる。あの熊の名前だってイオレク・バーニソンだぞ!プーさんとかじゃないんだぜ。あ、関係ないかもしれんが・・・・

ダニエル・クレイグ、サム・エリオットの存在感はいうまでもないが、声だけの出演にもイアン・マッケランやクリスティン・スコット・トーマスが名を連ねているのが凄いねー。
なんといっても、ニコル・キッドマン、魔女役のエヴァ・グリーンの当代きっての美女ふたり。綺麗だねー。いやー、ぜいたくですよ、ほんとに。
さすが1万5千人の中から選ばれた主役のダコタちゃん、あどけなさと大人のまなざしが入り混じる不思議な魅力は、一見の価値あり。

★★★★★ 次回作もすごく楽しみ!
posted by りょうじー at 22:07| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 完全個人的映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

春が来た、のか?

予報では昨日も今日も雪だるまのマークで、まだ降るのかな?と思っていたが、両日ともきれいな青空。
我が家は南側が空き地(町内雪寄せ場)になっていて、日当たりはすこぶる良好なので、雪は急速に融けております。

春が来た・・・・・・・・ってこと?

いやいや、まだ油断はできません。急に寒気がやってきてドッと雪が降るかもしれない・・・・・・近年の気候は気まぐれですからね。

yukiyoseba.jpg


もう少しで役目を終える「町内市民雪寄せ場」の看板も、日差しを浴びてなんだかゆったりしているように見えました。
posted by りょうじー at 15:42| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。