2007年07月30日

自民党大敗

昨夜開票速報を見ながら安倍首相が思わず言ったそうだ。
「どんだけーーーー?」・・・・・・・・・・・・・・・・・
歴史的な惨敗をきしてなお続投するしかない安倍さん、苦しいですねー。次期総理大臣の椅子を狙っている人は自民党内に何人かおるはずだが、この最低の時に「私にまかせなさい!」と手を上げる勇者は、そりゃいないわなー。解散総選挙(そんなに遠くないと思われ)までは火だるまのまま続けざるをえないでしょう。
起死回生の手はないわけじゃない。今の閣僚を全部クビにして、官僚出身ではない、しがらみの全然ない人たちだけで組閣すりゃいいのよ。党の長老、族議員、派閥になんとののしられてもです。ガッチガチの保守王国であるわが青森県でも新人民主党議員にやられちゃったんだからね。そして国民がすぐにやって欲しい行政改革を、即刻断固実行するのだ。憲法改正などの時間をかけて論議を尽くすべきものは後回しでもいい。タブーを打ち破って大鉈をふるうべき!開き直ろうよ、もうこうなったら。役人を敵にまわしたって、国民を味方につけたほうが結局いいんだから!

今日は土用の丑。この混乱の日でも安倍首相はうなぎを食べたのだろうか。
あたしゃ食ったよ、デパートの食品売場で買ったやつだけど。
posted by りょうじー at 21:02| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

参院選挙

午後八時、まだ投票箱が開票所に届いてもいない時間なのに、テレビの選挙特番では半分以上の議席が決まっている。出口調査などの事前の情報で当確ということなんだろうけど、これでいいのかな?なんとなく我々の代表者を選ぶという意味をうすめてしまっている気がするけど。
どうやら自民惨敗の様相。
衆参のネジレ現象が、国民にとって必要不可欠で速やかに行われなければならないものを遅らせることになってはならない。与野党とも自分のことしか考えていないように見えるからねー、混乱が心配です。
おっと!青森県も民主党の平山氏が当選確実だ。
おおっ、平山さんの奥さん、び、美人だなー。奥様に一票!!
posted by りょうじー at 21:07| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

真夏か?

青森市ではここ数日最高気温が30度を超え真夏日。
日が落ちるとスッと温度が下がって時折涼しい風も吹くが、日中にすっかり暖まった室内の空気はなかなか冷めてくれない。我が家はクーラーなんて不健康なものはありません。自慢じゃないが扇風機もないんだぞ。夏は暑いと昔から決まっておる!このぐらいの温度でへばってどうするかっ!!

・・・・・・・・・・・・だが、あ、暑い・・・・・
せ、扇風機ぐらいはあっても良いかも知れん。
posted by りょうじー at 21:42| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

旅順展とやなせ展

この夏、青森県立美術館が「旅順博物館展」、七戸町立鷹山宇一美術館では「やなせたかしの世界展」。
私は「やなせ展」に軍配を上げますねー。だって夏休みでしょう?確かに「旅順展」は歴史的に重要で学術的に貴重な展示なのかも知れないけど、こどもたちや若い人が自分の意思で(学校行事とかじゃなくて)美術館に足を運ぶせっかくのチャンスなのだから、県立美術館は企画展をもっと広い視野で考えなきゃね。「アンパンマンじゃーなー・・・」みたいな考え方があるとしたら、そりゃあまりに狭量だと思う。もしかしてねぶた祭の観光客も取り込もうというハラなの?それもまた超短期的な発想だよなー。おまけに今日の新聞みたら館内で「中国物産展」もやっちゃうそうな・・・・おい、こ、こらーっ!デパートじゃないだろ、美術館ちゅうものは!!県外に誇れる素敵な県立美術館がやっとできた、と思ったのに、すごくガッカリ。行く末が思いやられます。
その展覧会を観る、そのことだけのために全国から人々が集まってくる企画はきっとあるはず。多方面の意見に耳を傾けて、柔軟に運用して欲しい。頼むよ、三村県知事兼美術館長。
(美術館の館長は、ちゃんと美術の見識があって、その世界にあかるい人がなるべきだと思うぞ、やっぱり。)
posted by りょうじー at 21:18| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

弘響07サマコン

昨夜は弘前交響楽団の07サマーコンサート。
毎回肩の凝らない楽しい演奏を聴かせていただきますが、今回も会場は満々席。すごい人気ですねー、うらやましい。
第1部はここ数年続いている企画の作曲家特集で、今年はロッシーニ。お金持ちで美食家でもあったロッシーニの、どことなく贅沢で裕福な感じの音楽を楽しみました。弘前オペラ協会の方たちと共演した歌劇「セビリアの理髪師」のアリア集も良かったけど、名曲「スタバト・マーテル」のテノール独唱「Qujus Animam」を見事に歌いきった上原氏が出色でした。最後はおなじみ「ウイリアム・テル」序曲、シニョール(ミスター)・クレッシェンドの異名をとるロッシーニの面目躍如、心が弾む演奏でした。
第2部は映画音楽集で、「タイタニック」「パイレーツ・オブ・カリビアン」など今やお家芸といっても良い、いつもながらの素敵な演奏、アンコールの「ひまわり」「大いなる西部」までおおいに聴衆をわかせました。こういう本格クラシックからはずれているものでも、絶対手を抜かない、常に高い品格を保った演奏姿勢にブラボー!こういうことは今回も少なからず聴きにきていた若い人たちに、必ず好影響を与えると思う。脱帽です。

実はロッシーニ:スタバト・マーテルは自分でやってみたい曲のひとつなのですよ。けっこう大掛かりな曲なので二の足を踏んでいますが、こうやってじかに演奏を聴くと、ムクムクと欲がわいてきちゃうなー。
Stabat Mater dolorosa「悲しみのうちに立ち尽くす聖母」・・・・・俗っぽい考え方になっちゃうかも知れないけど、解りやすい教会音楽だと思う。いつか青森ベートーヴェン・スコラーズでやろうかな?
posted by りょうじー at 11:43| 青森 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏拝聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

コンクールシーズン

怒涛のJAMCA弘前が終わって、いよいよ夏のコンクールシーズン。県大会まであと1ヶ月となりました。
今年は8月19日と例年に比べてちょっと早い。青森の八月は上旬がねぶたなどのお祭り、中旬は旧盆と続くので、今年は練習日程が苦しいのだなー。なんとかやりくりして間に合わせないと。
個人的には今年も8月4日のNコンの地区予選会の審査員からコンクールシーズンがはじまります。
posted by りょうじー at 21:40| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

全体合同演奏

JAMCA-in-Hirosaki-godo.jpg


全体合唱「多田武彦<北のうた>JAMCA弘前セレクション」演奏中!

※合唱仲間のKしま氏のお友達が撮影してくれたものです。Kしまさん、ありがとうございました。
posted by りょうじー at 16:57| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

JAMCA in HIROSAKI

昨日は日本男声合唱協会(JAMCA)第18回演奏会、ホスト合唱団が弘前メンネルコールということで、周囲の緑濃い弘前市民会館が会場でした。
前日正午から舞台のセッティングをして午後のリハーサルに備える。
ひな檀を組んで反響板をセットして改めて感じるのは舞台の狭さ。古いホールだねー、やっぱり。オケピ分拡張してはあるが私の指揮する全員合同合唱の300人は乗るかな?とちょっと不安になったが、なんとかやるしかありません。
東北合同ステージで使う電気ピアノ(ハープの代用)のぐあいがちょっと心配だったが、リハーサルを客席で聴いた感じはまずまずでひと安心。各グループの練習もみなさんマナー良く持ち時間内で収めていただいて(さすがおとなの合唱団ですねー)いよいよ合同演奏のリハ、参加の各地6男声合唱団とこのステージのために西は四国、北は北海道からかけつけてくれたJAMCA会員の方たちが続々とステージへ。うひゃひゃ、こりゃビッチリだわ。すごく雑然とした見た目になっちゃってるけどしょうがありません。まぁこのほうが合同合唱の雰囲気といえばいえないこともないしね。指揮者が見えないという声もあがって指揮台を一段足すなど、ちょっとした調整はあったもののなんとか合同合唱のリハも無事終了。なんといってもはじめての顔合わせ、声あわせ、旅疲れも手伝ってちょっとしっくりしないなー、というのがみなさんの雰囲気。でもそれは想定内、もうちょっと・・・というあたりでちょうど良いのです。

台風4号の接近である程度の悪天候を覚悟していたが、本番当日は爽やかな晴天。少し風が強くなってはいるが恵まれました。弘前メンネルコールのふだんの心がけが良いとはとても思えないけどなー。とにかくありがたいことです。
ゆうべの弘前の夜の疲れも見せず皆さん真剣な直前リハ、合同のリハーサルも早めに切り上げて本番の集中に委ねることに。いちまつの不安は残るもののこれもベテラン揃いだから可能なことなんだな。
オペラの中の男声合唱を歴史ある合唱団の味で聴かせてくれた東京リーダーターフェル1925、高田三郎作品の深さを汲み取りその重みの大切さを音にしてみせた東海メールクワィアー、バーバーショップコーラスの楽しさで聴衆をわかせたお洒落な金沢メンネルコール、寺山修司の独特の悲しみをにじませて好演した東北合同、それぞれ個性の異なる演奏を披露したあとはいよいよ出番。多田武彦の抒情世界からアンコールまで場内のボルテージが上がっていくのが指揮をしていても分かる。いやー、うまくいきましたねー。ほぼ予定通りの演奏ができて満足です。
今ふりかえっても大イベントだったなぁーとしみじみ思うけど、その割りに聴衆数が少なかったのがちょっと残念。宣伝が足りなかったのでしょうかねー。

近くのホテルでの打ち上げパーティー、JAMCAではこれも実はメインイベントなのね。文字通り飲めや歌えの大騒ぎになるわけです。
旧知の人たちとの親交も楽しかったけど、次回JAMACA演奏会担当団体である滋賀男声、初めて北海道から参加の小樽市役所グリーの方々といろいろお話できたのがうれしいことでした。これを機会におつきあいできればいいなと思います。
今回集まった男声合唱人の平均年齢は60歳ぐらいということ。若い人たちを巻き込む方策を真剣に考えないとなー。現状維持で満足していてはだめだと思う、誰でも来年は必ず1歳年取るんだから。
posted by りょうじー at 17:16| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 本番流汗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

あさって台風は?

いよいよあさって15日、日本男声合唱協会弘前演奏会です。
今回はありがたいことに前日からホールリハーサルができるので、明日の昼過ぎには入りたいと思っていますが、来ましたねー、台風4号。どうやら日本列島に沿って太平洋側を北上してくるようです。予想ではこっちに接近するのは16日以降になりそうですが、ひょいっと途中でスピードアップしないとも限りませんしね。
すごく大きな台風らしくテレビで沖縄・九州の猛烈な雨風のニュースを見ましたが、こちらは今日のところは申し訳ないくらい爽やか天気になってます。これから崩れてくるのかもなー。
台風4号さんにはなるべく南寄りの進路をとっていただいて、日本にあまり近づかないでくれると助かるんですが・・・・・
posted by りょうじー at 16:36| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

イチロー、凄い

いやー、やりましたねー、イチロー。
米大リーグのオールスター・ゲームで史上初のランニング・ホームラン(彼自身も初めて)、しかも日本人として初のMVP獲得ですからなー。日本の球場じゃ考えられないことだけど、あの外野フェンス(?)の窓枠みたいなところの角っこに打球が当たっちゃうなんて・・・・ほんとに凄い!
「天才」と人は呼ぶけれど、確かに天を味方につけているとしか思えません。鍛錬・努力だけではあすこまでいかないと思うぞ。
うーん、不思議。
posted by りょうじー at 22:05| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

重なる年

今年はどうも行事が重なる年らしい。5月から7月あたりのウイークエンドは地元のいろんな音楽グループの演奏会が目白押しにあるわけですが、自分の練習などにことごとく重なってしまって拝聴できません。カテゴリー「演奏拝聴記」もほとんど書けない。丁重に招待状やご案内をいただいていることも多いので申し訳ないです。たまに何も入っていないウイークエンドもあるにはあるのですが、なぜか今年はそういう時には伺いたい演奏会もないのです。
来年はちゃんと予算をとって、少し遠出をしてでも演奏会を聴きに出向かなくては。他所の演奏会を拝聴すると必ず収穫があるものだ、とこの頃身にしみて思っています。
posted by りょうじー at 20:31| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏拝聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ゴンは歌う

遠吠えをする犬はよくいるものらしい。
自分と仲間の位置を確認するための本能が、その必要のない今でもそれをさせるという説が有力で、救急車などのサイレンに反応してほえるのは周波数が似ているからではないかと言われています。
しかし、家の向かいの飼い犬ゴン(本名ゴンタ)はどうもそれでは説明できない。遺伝子だけではないものがどうやら彼にはあるらしいのです。
まず、夜鳴きラーメン屋のチャルメラに反応します。このへんには実は二種類のそば屋さんが回ってくるのですが、ほぼ同じ旋律(チャルメラだから当たり前だが微妙な違いはある)なのに、反応して吠えるのは一方だけ。お気に入りは決まっています。
もっとゴンが好きなのは、時折朝にくるしじみ売り。スピーカーから流れる「しじみかいーや しじみーーかいっ! 毎度 おなじみ じゅうさんこ〜(十三湖)のーしじみかい」の売り声の間に、津軽三味線の「デデデン、デンデン・・・」がはさまるそのしじみ売りの軽トラがちかづいてくると、ゴンは矢も盾もたまらない。「ウッウォッ、ゥオオオオオオオ〜〜〜ン・・・」と歌い始めます。ただの遠吠えではなくちょっと節回しをつけようとしているようにさえ聴こえる。あれは本能の残滓とは思えませんよ。売り声と三味線にコラボレーションしようと試みているように私には見えます。完全に歌おうとしていますな、ゴンは。
posted by りょうじー at 11:05| 青森 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

ダイ・ハード4.0

独立記念日前夜、FBIサイバー犯罪部は全米のインフラをコントロールしている基幹コンピュータシステムにハッカーが侵入した徴候を認める。サイバー・テロによる最悪の事態を防ぐために、アメリカ国内のブラックリストに載っている全てのハッカーを拘束、連行するように全警察機構に指令を出す。
ニューヨーク市警のジョン・マクレーン警部補にもハッカーのひとりを連行するよう連絡がはいり、ニュージャージーのアパートへ。若いハッカー、マットをFBI本部に同行しようとしたその時、何者かの襲撃を受ける。謎のテロ集団が利用したハッカーを、口封じのために抹殺しようとしていたのだ。機転を利かせてその場を脱出したマクレーンとマットはFBI本部へ向かおうとするが、テロ集団によるコンピュータ操作で交通信号が麻痺するなど、すでに全米が大混乱におちいろうとしていた・・・・・・・


お馴染み、ジョン・マクレーン刑事。今回は変なカツラ頭じゃなくて、ナチュラルつるっぱげ頭で登場したのがまず良いよ。時間が経つにつれて徐々に汚くなっていって「かっこ悪いかっこよさ」みたいなのが良い味だねー。演ずるブルース・ウィリス、いろんなヒーロー役をやってるけど、このマクレーン刑事役がいちばんしっくりきている気がする。身の丈にちょうど合っているんじゃないかな。
「世界一不運な男」といううたい文句だけど、そうかなー。むしろ「世界一運の強い男」だと思うよ。なぜって、運がよくなかったらこの映画だけでも少なくとも五回は死んでるぞ、絶対。
細かいことを考えずに、これでもかとたたみかけてくるアクションシーンの連続を楽しむ映画としてはよく出来ていました。
でも、いろんな意味で人間がすてきに描かれていたあの第一作「ダイ・ハード」には遠く及びませんでした。

★★★☆☆
 痛快アクションだけで計れば面白い映画だとは思うけど・・・
posted by りょうじー at 21:20| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 完全個人的映画評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

火曜は弘前

毎週火曜日は、弘前大学混声合唱団と弘前MCアンサンブルの練習で弘前へ。午後6時から9時半ごろまで約3時間半、往復2時間の運転もあるのでけっこうヘバる日なのです。晩飯を食う時間もないしなー。
今はコンクール曲の練習、県大会まで1ヶ月半ちょっと、残り時間が限られてきているのを実感しながらというところにきているので、ちょうど踏ん張りどころでしょうか。時々良い響きが鳴る個所もあるけど、イメージした音になかなか近づかないところもある。自分が審査員だったら、と考えれば、良いとこよりも悪いとこを先に聴いちゃうと思う。それで減点1みたいな・・・・?だから、その合唱団の不得意な部分をどううまくまとめるか、それも消極的なことでなく、積極的な方向で解決を考えなくてはならない、と思ってやってはいるんだけど、現場ではそれがなかなかねー・・・・いろいろ工夫してやってはみるんだけど、なかなか思い通りに運びません。
でも、それまで思いつかなかった方法が練習中にふっとひらめくことがあって、それでやってみたらパッと変わる時がある。そういう瞬間があれば疲れも半減します。

posted by りょうじー at 14:03| 青森 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 練習雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

政治家のセンス

安倍首相のセンスは悪くないと思っています。けっこうスマートでエレガントな部分を持っていると思う。ただ、彼が選んだ閣僚がなー。
彼の考え方に添って仕事を遂行してくれると思って決めた内閣人事だったんだろうけど、ひとりひとりを見れば決してセンスが良いとはいえない。専門分野の経験・知識が豊富で仕事ができるというだけでは大臣は務まらない。昔はそれで通ったかも知れないけど、今の時代はそうはいきません。専門のところだけではなく、さまざまな分野にわたる広い教養が必要だし、周りの雰囲気に敏感に反応して上手に対処していく身の軽さもなくちゃねー。
参院選間近というのに、久間防衛相の「原爆、しょうがない」発言、場の空気が読めないその鈍感さがまずいけません。そういうセンスの悪い人が大臣だということに、我々国民はとてもがっかりするのよ。そういう人が国会でまともに議論できるわけがないもの。

ま、そういう大臣は今まで何人もいたけどね。
posted by りょうじー at 16:05| 青森 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

子どもに挨拶される

前にも一度書いたことですが、私はよく初対面のお子様に挨拶されます。
今日も、某スーパーで買物の途中、通路にある長いすに腰掛けて休んでいたら、お母さんに手を引かれたヨチヨチ歩きの子が私に手をふりながら近づいてくる。私も「バイバイ」と手を振ったら、ニッコリ笑いかけてくれて通り過ぎていきました。
もともと人見知りしない子だったのかも知れないし、なにか勘違いしているのかもわかりませんが、買物客が大勢いる中でだいぶ遠くから私を見つけて、まるで旧知の友のように手を振り、何事もなかったように通り過ぎていくのが不思議です。
前世で浅からぬ縁があったのでしょうか?私はもう忘れてしまっているけれど、現世に生れ落ちて間もない幼子には記憶が残っているということかな??
江原啓之氏に聞いてみたいね、そのへんのとこ。
posted by りょうじー at 20:28| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

&bouleのハンバーグ

青森駅前のAUGA1階にある&boule(アンブール)、自家製のパンを売りにしたカフェだったのが、ついこないだリニューアルしてハンバーグステーキがメインのカフェレストランになりました。開店当初すごく混んでいて、席待ちの行列ができていたり(青森じゃほとんどそういうことはない)したので敬遠していましたが、少し落ち着いたようなので行ってきました。
以前より広くなり、レイアウトもだいぶ変わりました。なかなかシックで落ち着いた雰囲気でいい感じ。なにはともあれ、ここのハンバーグはどんなもんじゃろか?と注文、待つこと20分ほど、お待たせしました!と運ばれて来たジュージューいっている鉄皿は高さ約15cmの紙でぐるりと囲まれている。なるほどソースをかけたときにはねるのを防ぐ壁だったのですねー。なかなかお洒落。ハンバーグはちょっと緩めにできていてぐずぐずに崩れちゃうのが気になるが、味はなかなか好し!なんといってもつけあわせのじゃがいもがデカい。ごろっと大きめの茹でたやつが丸ごと一個。バターもちゃんとついてくる。ベイクドなら最高なんだがなー、それは贅沢というもんでしょう。見た目にもお得感があるのがうれしいですよ。
ライスまたはパンがついて飲み物とセットでも1,000円そこそこで食べられるのはありがたい。
パンをたのんで、ソースを染みこませて食べても美味いぞ!
posted by りょうじー at 22:29| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味特記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。